Woodblock Print Art home

昨年は栄えある『日展特選』を受賞し、とても充実した年でした。
夢にまで見た特選を受賞した後の版画制作は、本当にどうしたことか筆がぴたっと止まり、いっこうに進まないのです。硬直状態が続くこと2ヶ月・・・
特選受賞の後の重圧感でしょうか。苦しかったです。
ある日行き詰まったあげく、空に向かって「白日会の作品の描かせてください!」と叫んでみたら、ふと声が聞こえたような気がしました。「あなたはなぜ版画をはじめたの?」と。
そうか。私は、いつも自分の壁に飾りたい絵を描いて来たのだ。それに気が付いてから、がむしゃらに引き出しの中の集めた資料をすべて取り出しました。かつて「これは描きたい」と取材をした物を部屋いっぱいに並べてみたら、見えてきたんです、糸口が・・・

今年の白日会の作品は、やはり名古屋、中村の料亭「稲本」です。ここの大広間には、先先代のご主人が、中国に行って買い付けてきた豪華な中国の寝台があります。(台湾の祖母も使っていました)二畳ぐらいの広さの寝台は螺鈿や象牙を使った装飾が散りばめられ、それは見事なローズウッドの木彫りです。先先代のご主人は、なんとそのベッドを大広間の「床の間」に見立てたのです。モダンですね。そして、ギヤマンガラスを使った窓と大正時代の柄入り磨りガラス。
この光景が私の目に止まらない訳がありません。外は朱夏。この場所で、汗をかきかき取材したのを思い出しました。
私にとってノスタルジックな光景も、国を越えるとエキゾチズムになるのですね。よく西洋人が、日本の大きめな火鉢の上にガラスをおいてテーブルにしていますが、そんな感覚を覚えました。文化の融合は嬉しいモノです。

作品名は『明窓夏彩』
白日会の開催は3月26日から4月4日まで。上野東京都美術館で開催しています。

Mar 11th 2006   ジュディ




judy「版画はどうしてはじめたの?」とよく聞かれます。
私は昔から絵を描くのがとても好きでした。
クレヨンを持っていれば黙っていたぐらいです。
そんな私が版画に出逢ったのは今から25年前です。
当時は油絵を描いていました。
自分の好きな色を思いのままにキャンバスにのせて行く。
自分の自由世界です。
でも、私の恩師井上勝江先生の個展に友達と行ったとき、
衝撃を受けました。
それは黒バックに白のポピーと白バックに黒のポピーの一対の版画でした。
私は白黒の世界に真っ赤なポピーの色を感じたのです。
そしてその強い線は一刀のもとに描き出す、版画の醍醐味でしょう。
“版画をやりたい!”そんな想いが心を横切りました。
思い立ったが吉日。
“先生、私版画を習いたいです。”と口をついて出た言葉に
井上先生はニコニコしながら、
“あら、ジュディ・オングさん?”
“はい!” 私は期待でかなり上気していました。でも、先生は、
“そうね・・・・・無理じゃない? 忙しいでしょう女優さんは。”とあっさり。

さああ!!!こうなると私のやりたい病が始まります。
塞き止められたダムを開くように習いたい欲望が止めどもなく流れだし、
家に帰るなり版画の材料になる“板探し”。
上手い具合に兄がステレオ・ケースを作った残りのベニヤが有ったので、
むしゃぶりつくようにそこに椿の絵を描き、兄の彫刻刀を借りて彫り始めました。
とにかく見よう見まねです。テクニックも何もありません。ただ、“やりたい”の一心だけでした。
そしてなんと自分でもびっくりしますが、数日で彫り上げました。
馬楝をまだ持っていなかったのでスリッパで刷り、会期中に先生の所へ持っていきました。
“まああ”と作品よりも板を見る先生とその御友人達。その中のお一人が日展の長沼先生。
彫刻家の長沼先生は、
“なあ、勝江ちゃん、この子彫り方かなり頑固だよ。これなら続くんじゃない?”と助言。
“そうね・・・・・・。じゃ、来週からいらっしゃい。”
そうして、私は版画を始めることになりました。 
後日談ですが、板というのは正目に沿って彫れば楽なのに、
彫り方を知らない私はただひたすら絵を中心に放射線に彫っていたんですね。
どうやらその熱心さが先生方の心に届いたようです。今でもあのときの版木は持っています。
私のお守りです。


『ジュディオング倩玉  倩玉的世界 木版画集』
最新木版画集、購入希望の方は、メールで『お名前・ご住所・電話番号・希望冊数』をお送りください。
送料を計算し折り返しご連絡いたします。
(現在版画展にて販売中のものと同じです)
『ジュディオング倩玉  倩玉的世界 木版画集』¥2625(税込・送料別)
メールはこちら

【ジュディオング倩玉 倩玉的世界 木版画集』価格変更のお知らせ】
2014年4月1日より、消費税増税に伴い¥2700(税込)となります。


第43回日展 ジュディ・オング倩玉「華燈翠園」(かとうすいえん)が入選致しました。
今回の作品は、長崎県の「花月」と言う料亭を題材にいたしました。
ジュディは初日10月28日(金)11:00~12:00まで国立新美術館に伺います。
是非ご来場くださいませ。
【会期】2011年10月28日(金) ~12月4日(日)
【休館日】毎週火曜日
【開場時間】10:00~18:00(入場は17:30まで)
http://www.nitten.or.jp/special2011/info/gaiyou.html


木版画展情報

ジュディ・オング倩玉 木版画の世界展

会期:4/22日(土)~ 6/4(日)まで 月曜日休館(5/1、5/29開館)
開館時間:10:00~18:00(入館は17:00まで)
会場:岡山シティーミュージアム
岡山県岡山市北区駅元町15-1リットシティビル
問い合わせ:TEL 086-898-3000

<ジュディ・オング倩玉ミニトーク・サイン会>
4/22(日) 午前11時~ 午後2時~の2回
注:整理券配布時間は、第1回が午前10時から、第2回は午後1時から
詳しくはこちら


ジュディ・オング倩玉 木版画の世界展

会期:平成29年3月25日(土)~5月7日(日)
※月曜休館 9:30~17:00
会場:富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館
 富岡市黒川351-1 TEL 0274-62-6200
観覧料:一般600円(500円)65歳以上、大学、高校生400円(300円)/中学生以下無料
( )は前売り料金
詳しくはこちら

<ジュディ・オング倩玉ミニトーク&サイン会>
4月2日(日)
午前11:00~(整理券配布午前9:30~)
午後2:00~(整理券配布午後1:00)

門司海峡フェスタ”特別企画
「ジュディ・オング倩玉木版画の世界展」


*会 期: 平成29年4月21日(金)~5月21日(日)会期中無休 9時~17時
*会 場: 北九州市旧門司税関ギャラリー
 北九州市門司区東港町1-24 TEL093-321-6111
*入場料: 一般600円(前売券400円)/ 小・中学生200円/小学生未満無料

<ジュディ・オング倩玉来場>
ミニトーク&サイン会: 4月30日(日) 11時・14時 2回開催予定
北九州市旧門司税関展示会場にて


4月7日からはじまりました、長崎県美術館での木版画展が閉幕いたしました。
たくさんの方にご来館いただき本当にありがとうございました。

提供 長崎新聞社


ジュディ・オング倩玉 木版画の世界展」閉幕
5万3000人観覧
来場者「情熱に感動」

掲載日 2012/05/28


 県美術館(長崎市出島町)で開催された「ジュディ・オング倩玉 木版画の世界展」(長崎新聞社、県美術館主催)が27日、閉幕した。歌手・女優のジュディさんが制作する繊細美麗な木版画が人気を集め、49日間の会期中に約5万3千人が観覧した。
 2010年に福岡アジア美術館(福岡市)で開かれた同展の入場者数、約4万5千人を超えた。県美術館の企画展では過去5番目の入場者数だった。
 27日は会期中最多の約2900人が来場。長崎市の史跡料亭花月を題材にした「華燈翠園(かとうすいえん)」など人気の作品の前には人だかりができた。
 会期中に2回観覧したという長崎市大浦町の笹戸千鶴さん(59)は「きょうは結婚30年の記念で夫と来た。芸能活動と並行し素晴らしい作品を生み続けているジュディさんの情熱に感動した」と話した。(松尾潤)


来場者でにぎわう「ジュディ・オング倩玉 木版画の世界展」=県美術館(荒木勝郎撮影)

【編注】ジュディ・オング倩玉の倩はニンベンに青

提供 長崎新聞社


ジュディの木版画作品「鳳凰迎祥」が宇治平等院に奉納されました!

2005年3月8日(火)ジュディの、平等院鳳凰堂をモチーフにした木版画「鳳凰迎祥」が
宇治平等院に奉納されました。
鳳凰迎祥 鳳凰迎祥


2005年6月8日~14日 上野松坂屋木版画展 各画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

木版画展 木版画展 木版画展 木版画展 木版画展
木版画展 木版画展 木版画展 木版画展 木版画展


版画のprofile 画像のあるものは、タイトルをクリックするとご覧いただけます。


2011 日展入選作品 「華燈翠園」第43回日展入選
2011 白日会出品作品 「桂林水遊」
2010 日展入選作品 「廊橋浅秋」
2010 白日会出品作品 「湖光亭影」
2010 福岡アジア美術館にて木版画展開催
2009 「萬壽亭 (Wan Show Pavilion)」第41回日展入選
2009 しもだて美術館にて木版画展開催
2008 北京・中国美術館にて木版画展開催
2008 「涼庭忘夏 (Forgetting Summer in the Cool Garden)」第40回日展入選
2008 青森県立郷土館にて木版画展開催
2007 「仙橋抱翠 (Holy Bridge in Jaded Garden)」 第39回日展入選
2007 「秋訪 (Awakening of Autumn)」 第83回白日会にて発表
2006 「銀閣瑞雪 (Snow of Fortune)」 第38回日展入選
2006 「明窓夏彩」 第82回白日会にて発表
2005 「紅楼依緑 (The Embrace of Red and Green)」 第37回日展特選受賞作品
2005 「華樓初宵 (Sôma-Rô in Twilight)」 第81回白日会にて発表
2004 「相馬樓 (Tea House Sôma-Rô)」 第36回日展入選
2004 「祇園白川 (Sakura of Kyoto Gion Shirakawa)」 第80回記念白日展にて発表
2003 「鳳凰迎祥 (Welcome of Phoenix)」 第35回日展入選
2003 「京華春翠」 第79回白日会にて発表
2002 「山門迎福」 第78回白日会にて発表
2001 「秋白楓紅 (Maple Leafs of Deep Autumn)」 第33回日展入選
2001 「台南故邸」 第77回白日会にて発表
2000 「微風柔水」 第29回日展入選
2000 5月2日-31日 フランス、パリのLe Rendez-vous Toyotaにて版画展開催
2000 「小庭雅緑 (Royal Green of Little Garden)」 第76回白日会にて発表
1999 「雨過苔清」第28回日展入選
1999 9月15日-30日ドイツ、ハンブルグのローズ・ギャラリーにて版画展開催
1999 「夏の涼夢 (Midsummer's Soothing Dream)」 第75回白日会記念展にて発表
1998 ドイツ・マイセン陶器が版画「カトレヤ」をモチーフに陶板画発表
1998 「華堂初夏 (Reflection of Early Summer)」第74回白日会にて発表
1998 「聴春」
1997 11月1日-9日 高雄中正文化センターにて版画展「心象詩情」開催
1997 10月18日-31日 台北国父記念館にて版画展「心象詩情」開催
1997 山中湖美術館 にて版画展開催
1997 夢穂高美術館 にて版画展開催
1997 「緑葉翠歌」第73回白日会にて発表
1997 1月版画展「萬紫千紅」新宿三越アートギャラリーにて開催
1996 「芳香春暖」第72回白日展出展
1995 「たったひとつのTonight (This Only Night)」第71回白日展入選
白日会正会員となる
1994 「琉球朱夏」第70回記念白日展入選
1993 7月17日-8月1日 初の個展 版画展開催
1985 「揚屋」日展入選
1984 「油屋その2」日展入選
1983 「冬の陽 (Winter Sun)」日展入選
1978 「夏天涼風」日本板画院展入選
1977 「油屋」日本板画院展入選
1976 「町屋 (Private Residence)」日本板画院展入選
1975 「店蔵」日本板画院展入選